猿八棚田

猿八棚田

国仲平野を見晴らす高台の猿八。佐渡の秘境と呼ばれる里山の風景に棚田が溶けこみます。

猿八棚田

猿八棚田の特徴

小佐渡の高峰「経塚山(標高636m)」からの澄んだ沢水を耕地(標高300m前後)に直接引き込んだ自然流水で栽培しており、その水は今も家庭で飲み水として使われています。春は新緑、夏は清涼、秋は紅葉を満喫できる山間地です。
夏場に山に登っていくと空気の違いを感じることが出来、空気のおいしさを感じることが出来るはずです。作業は大変ですが、合間に見入る眼下の風景が、大地と共に生きる自分の存在感を感じさせてくれます。
そんな環境で栽培し丹精に仕上げられたお米で香り・味ともにご満足していただけるものと思いますし、なにより安心・安全なところで作られたお米だということを知っていただきたいです。

猿八のおすすめ

猿八集落の魅力は日本昔話に出てくるような世界観だと思います。猿八は畑野地区にあり畑野の商店街から車で20分ほど行ったところにあります。現在でも茅葺屋根の家が残っていて、短時間で行けますが人里離れた山奥に来たような感覚になります。今回販売している5つの地域の中で唯一海沿いにある集落ではなく、周辺を山々に囲まれていて国仲平野そして、金北山を望むことが出来る見晴らしのいい場所に位置しています。そんな環境条件が人々を呼んだのかもしれませんが集落の半数の世帯が移住者だといいます。気になる方はぜひ一度、猿八集落に足を運んでいただいてご自身の目で見てください。

猿八棚田のgoogle航空写真とストリートビュー

佐渡棚田協議会ONLINESTORE ご注文はコチラ