北片辺棚田

北片辺棚田

夕日が美しい佐渡北部に位置する北片辺。潮風を受ける海岸段丘の上に棚田が連なります。

北片辺棚田

北片辺棚田の特徴

佐渡島の北側、海岸段丘の上に広がる田んぼで育ったお米です。目の前の日本海からは、海のミネラル分を豊富に含んだ風を受け、背後の山々からは、ひんやりとした清水が流れ込みます。山あいの小さな田んぼは大規模な生産には不向きですが、村の人たちが毎日丁寧に世話をして、心をこめて作っています。

北片辺のおすすめ

日本海に沈む夕日が田んぼを赤く染め、四季をとおして絶景を楽しめます。海岸沿いの藻浦崎にはイワユリの群生が見られ、多くのカメラマンが訪れます。誰もが知る昔話「鶴の恩返し」のルーツは、ここ北片辺です。村で語り継がれていた民話「鶴女房」を劇作家・木下順二が語り聞き「夕鶴」として発表されたことで全国に広まりました。集落内は昔ながらの家々が多く残り、映画「飛べ!ダコタ」のロケ地にもなりました。来年には、地元ガイドによる町歩き観光コースができますので、夕鶴のふるさとを散策されてみてはいかがでしょうか。

北片辺棚田のgoogle航空写真とストリートビュー

佐渡棚田協議会ONLINESTORE ご注文はコチラ